MENU

メガ銀行カードローンの金利が標準になる

キャッシングを今すぐするときに金利を比較するといっても何を基準にして比較をすればいいのか悩んでしまうものです。
必ず金利は上限金利を比較しましょう。

 

長期間に及ぶ借り入れ、大きな金額の借り入れであれば上限金利ではない金利が適用される可能性はあります。
特に銀行カードローンの場合には金利が融資限度額に応じて変わるため、キャッシング即日借り入れを希望する金額での金利の比較も重要になってきます。

 

ところが初めての借り入れでは消費者金融でも銀行カードローンでも信用がない状態です。

 

審査では返済能力と信用力を見極めていますが、申込書に記入された内容と、個人信用情報機関へ照会し過去の債務実績を調べるという方法になります。
つまりは申し込みしたカードローンとの実際の取引がないために審査では過去のデータと推測を元にして判断をしています。

 

言葉は悪くなりますが机上の空論です。
リスクを考えて上限金利を設定することが一般的となっています。

 

消費者金融でも大手になれば上限金利は18.0%です。
一般的な消費者金融の上限金利は20.0%となっています。

 

一方銀行カードローンの上限金利には大きな違いがあり、その銀行によって設定金利がはっきりとことなります。
数%程度の違いではありません。

 

も売り込み条件が厳しいながら上限金利が一桁になる銀行カードローンもあれば、大型融資向けで少額借り入れの時には金利が消費者金融と変わらず18.0%になることもあります。
そのため銀行カードローンを検討する場合には、銀行カードローンとして標準的な金利はどのくらいになるのかを知っておかなくてはなりません。

 

日本には3大メガバンクとされている大手都市銀行があります。
三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行です。

 

この3つの銀行でもカードローンを用意しており上限金利が14.5%前後となっています。
この14.5%を銀行カードローンの標準的な金利と考えておきましょう。

 

それ以上に高い場合には無利息サービスなど特別なメリットがない限りは消費者金融で借り入れをしても変わりありません。
標準的な金利を知っておくことでカードローン比較には大きく役立つでしょう。

目的が決まっているならカードローンよりもフリーローン

お金が必要、カードローンを利用しよう、その考えは安直です。
銀行が用意するローンにはさまざまなものがあり、利用目的に合わせた適切なローンを利用することが大切です。

 

極端に言えば住宅を購入するために消費者金融のキャッシングを利用することはないでしょう。
目的に合わせていかなくてはなりません。

 

銀行カードローンは少額融資です。
金利が低いとはいわれているものの、それも消費者金融と比べてのことです。

 

銀行のローン商品の中ではカードローンが最も高い金利となっています。
そのため少額の借り入れであり、なおかつ短期間に返済ができる金額であればカードローンの利用がよいでしょう。

 

また資金使途が明確ではなく、例えば翌週給料日で今がちょっと苦しい、そんなときに活用するのがカードローンです。

 

ところが目的がはっきりと決まっているのであれば銀行カードローンではなくフリーローン(多目的ローン)の利用がお勧めです。

 

フリーローンとは資金使途が明確になっている支払いを銀行が代行するというものであり、返済は銀行に行っていくことになります。
自動車ローンや住宅ローンと仕組みは同じです。

 

しかし資金使途は幅広くなっており、インテリアの購入費用や引越し費用、ブライダル資金や果ては保険対象外の歯科治療にまで対応しています。
振り込みによる支払いを銀行が申込者名義で行います。

 

そのため現金を手にすることはなく、返済専用のローンです。
追加融資はできないというところは銀行カードローンとの大きな違いになっています。

 

また、もう一つ大きな違いといえば金利です。
銀行カードローンの平均的な金利は14.5%ほどとなっていますがフリーローンの場合には金利が5.0%前後です。

 

低い金利で借り入れを行い、利息を抑えながら返済をしていくことができます。

 

注意しなければならないのはその返済にあります。
銀行カードローンでは返済にはある程度の自由があり、追加返済を都合に合わせて行うことができます。
ところがフリーローンでは基本的には月に一度の返済となっており、それ以上の返済をするときには繰り上げ返済として手数料5,400円がかかることが少なくはありません。

 

状況に合わせて適切なローンを考えるためにも、何に注目しなければならないのかを真剣に比較しましょう。