返済に遅延するとどういうことになる?

MENU

返済に遅延するとどういうことになる?

消費者金融で返済に遅延してしまうと、怖い取り立てが来る…なんていったイメージをいまだに持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今では貸金業法が改正されて、ドラマで見たような声を荒げたりドアを強く叩いたりなどといった怖い取り立ては禁止行為とされています。

 

では現在は返済に遅延した場合にはどのようなことが起こるのでしょうか。やはり万が一そうなってしまった場合のことをあらかじめわかっておかなければ、申込をするのが怖い、という方もいるでしょう。消費者金融側からはどのような催促をされるのでしょうか。

 

まず決められた返済期日に支払いが確認できなかった場合には、支払いが確認できないという旨の通知と入金依頼のハガキが送られてきます。なかにはすぐに電話をかけてくるところもあるようですが、現在ではまずはハガキでの通知が一般的となっているようです。通知ハガキと入金依頼を送っても支払われない場合には携帯電話などに返済依頼と状況確認の電話がかかってくるようになります。

 

この遅延が一ヶ月を超えてくるようになりますと、新規の借入れが停止になります。この停止の間は返済のみの利用となってしまい、その期間はカードローンによって違いますがある程度の期間きちんと返済を続けていれば解除となるところは多いようです。

 

遅延が3ヶ月続くようになりますと、いわゆる延滞、金融事故情報が信用情報に登録されてしまいます。悪質な返済遅延ということを表すもので、この情報が載っている限り今後のローン審査は難しいものとなってしまいます。その期間は5年間など長く、今後住宅ローンやマイカーローンなどを組む予定という方は間違いなく審査に悪影響を及ぼします。

 

借りたお金ですから、当然取り決めをした日に返すのが当たり前です。しかしうっかり忘れてしまうことやどうしても急な出費などで支払えなくなってしまう状況というのもあるでしょう。そうした場合にはわかった時点ですぐに消費者金融に連絡を入れましょう。銀行カードローンの場合にはほとんど無理ですが、消費者金融の場合には相談によって返済日を変更してもらえるところも多くあります。

 

また、連絡があって遅延した場合と連絡がなく遅延した場合、とでは個人信用情報に記載される情報が違ってくるのです。カードローンは個人の信用をもとにお金を借りるものです。信用は目に見えにくいもののようですが、個人信用情報機関ではそれを目に見える情報にしてすべて記録されています。うっかり遅延をしないように返済方法を口座引き落としにする、返済日前日にアラート設定をしておく、余裕を持った返済計画にするなど事前にできることはたくさんありますから、事前に対策をとっておくといいでしょう。