消費者金融で契約するだけで今後不利になることはある?

MENU

消費者金融で契約するだけで今後不利になることはある?

消費者金融でお金を借りる、というとなんとなく印象がよくない、といった漠然としたマイナスイメージがあるわけですが、消費者金融のカードローンは融資も早いですし利便性も高く使い勝手もいいです。しかし、利用するにあたって何か自分に不利になる事があるのであれば、利用する前に事前に知っておきたいですよね。消費者金融を利用することで、何か不利益を被る事というのはあるのでしょうか。

 

よく言われるのは、消費者金融に借金があると就職が不利なるだとか、住宅ローンが組めなくなるだとかいった話ですよね。こういった話はほんとうなのでしょうか?

 

就職に関しては、金融関係に就職するのでなければまず関係ない、という事が言えるでしょう。というのも、その人が借金をしているかどうかというのは個人信用情報機関で照会しなければわかりません。金融機関でしたら簡単に調べる事ができますが、あとは本人でなければこの情報を得る事はできませんから金融機関以外の就職先ならばまず問題はないでしょう。ただし、銀行や消費者金融などといった金融機関に勤務を希望する場合にはほぼ間違いなくマイナスになる、ということは言えるでしょう。お金を取扱う社員がお金にルーズでは話にならないからです。

 

また住宅ローンに関しては、もし仮に借りたとしてもきちんと返して完済し、その時点で解約していればそれほど問題にはならないでしょう。影響が出るのはまず遅延や延滞をしてしまった場合です。そうした情報は5年間など一定期間信用情報機関に登録され続けます。住宅ローン審査の際にも当然のことながら信用情報はしっかりと調べられるため、延滞などあればまず審査には通らなくなってしまうでしょう。

 

また、仮にきちんと毎月返済をして、完済していたとしても解約していなければそれもまた注意が必要です。使わないけれどもしものために、という気持ちはわかりますが、住宅ローンなどの審査では、今使っていないとしても利用枠が残っている場合にはいつ使うかわからないからその分も借金があるとみなして審査されます。つまり、現実にはもう借金が残っていなかったとしても、借金があるものとして審査されてしまうのです。

 

住宅ローンに影響が出ないように消費者金融を利用するのであれば、毎月きちんと返済をすること、そして必要なくなったらすぐにカードを解約する事、などをすればほとんど影響はないでしょう。

 

カードローンというのは、限度枠内で繰り返し利用が可能という大変に便利なローン商品です。ですがその便利さの反面、なんどでも繰り返し借金をしてしまう、借金が減らないといった危険も潜んでいます。利用したから不利益を被る、というわけではありませんが、使い方を間違えてしまうとすぐに不利な状況になる、そういうものであり、使い方を間違えやすいものだということをしっかり理解した上で、あらかじめ決めた返済計画に沿って利用することが大切です。