年率4.5%〜18.0%ですと、どんな場合に4.5%が適用される?

MENU

年率4.5%〜18.0%ですと、どんな場合に4.5%が適用される?

消費者金融の金利をみてみますと、各社違いはありますが大手ですと例えば4.5%〜18.0%というくらいの年利のところが多くなっていますよね。これをみると4.5%という銀行カードローンと変わらない低金利に引かれて申込をする方もいらっしゃるようですが、この4.5%という金利はいったいどんな場合に適用されるのでしょうか。

 

どの金利が自分に適用されるのか、ということについて大手の消費者金融で具体的に明記してあるような記述は見当たりませんが、アコムでは1万円〜100万円未満は4.70%〜18.0%、100万円〜500万円までは4.70%〜15.0%と貸付け条件に明記してありました。これは利息制限法で決められていることなので、他社では記載がなくとも同様の上限金利にはなっているはずです。

 

基本的には適用利率は審査によって決定します。そして、適用利率は借入れ額の影響をかなり受けます。新規契約の際には50万円以下の契約となる方がほとんどとなりますが、この借入れ額の場合の適用利率はよほど属性が良い方などでなければほとんどのケースで上限金利いっぱいの18.0%です。つまり、4.5%の金利が適用されるのは、限度額いっぱいの500万円などといった高額な融資を受けられる方のみ、と考えておいていいでしょう。

 

そしてここで、総量規制も関係してきます。総量規制では消費者金融などの貸金業者では年収の3分の1までしか借りられないことになっているわけですから、500万円消費者金融から借りられる方というのは年収が1,500万円以上ある方、ということになります。つまり、最高限度額500万円の消費者金融カードローンで4.5%という下限金利が適用されるのは、年収が1,500万円以上あって500万円の借入れをするような方、ということです。

 

これに該当するような方でしたらもっと低金利な銀行から融資を受けられるでしょうし、実際にはなかなかあるケースではない、ということがわかりますよね。消費者金融のカードローンを利用する際には、下限金利はとりあえず無視しておいて上限金利で比較するのが現実的だということです。ただし、ほとんどの消費者金融は上限金利を18.0%に設定していますので、金利に関して言えば消費者金融はどこも同じくらいだと思っておいていいでしょう。