申込時記入する他社借入件数はどこまで必要?

MENU

申込時記入する他社借入件数はどこまで必要?

カードローンの申込みをするときに、迷う方が多いのが借入件数です。申込書には職業や勤続年数などと並んで、借入件数を記入するところがあります。この借入件数にはどこまで入れたらいいのでしょうか?例えば住宅ローンやマイカーローン、クレジットカードのショッピングなども全て含めて書かなければならないのでしょうか?

 

まず言える事は、どこまで含めるかという記載の範囲や審査の基準というのは各金融機関ごとで多少の違いがありますので、「これはどうなんだろう?」とはっきりしない部分については直接電話して聞いてしまうのが一番間違いのない方法です。基本的には、キャッシングとして現金で借りているようなものだけが対象となると考えておいていいでしょう。

 

ただし、会社によっては同じマイカーローンでも銀行からの場合には対象外で消費者金融から借りている場合には記載の対象となる、などとちょっと複雑な考え方の所もあるようなので、もし悩んでしまうような借入れがあるのでしたらやはり電話して確認してみるのが一番でしょう。

 

もし「こうかな?」と自分で考えて記載したのが、実は間違いだったとすると、あまり大きな額の間違いになってきますと、金融機関側は信用情報機関に照会すれば正解が一発でわかるわけですから虚偽記載というように取られてしまう可能性だってあります。虚偽記載となれば審査結果に悪影響を及ぼす事は必至です。ここは慎重に確認を取るのが正解でしょう。

 

ただし、クレジットカードのショッピング利用に関してはどこのカードローンでも借入件数には含めないと考えておいていいでしょう。ショッピング利用はお金を借りているわけではありません。しかし、同じクレジットカードであってもキャッシング機能を利用した場合には、これは貸金業法も適用されるれっきとしたキャッシングとなりますから、借入件数に忘れずに含めましょう。