消費者金融から収入証明書不要で借りるには

MENU

消費者金融から収入証明書不要で借りるには

カードローンは本人確認書類となる身分証明書とスマートフォン一台あればかなり手軽にお金を借りることのできるローン商品です。いつも鞄に入っているようなものでかんたんに申込ができるため、いつでもどこでも、外出中や仕事中でもスムーズに手続きができます。しかし、それ以外にも必要な書類が発生することがあります。それが収入証明書です。

 

収入証明書が必要となると、いつでもどこでもというわけにはいかなくなってきます。なぜなら、収入証明書に該当するのは源泉徴収票や確定申告書、納税通知書や給与明細書などといった、普段持ち歩かないような書類ばかりだからです。自宅にいるのでしたらすぐに用意もできるでしょうが、仕事中や外出先でこうした書類をすぐに用意することはできません。急ぎでなければあとからゆっくり用意すればいいのかもしれませんが、カードローンを利用する方の多くは融資を急いでいる方です。

 

では用意できなければ借りられないのか?というと決してそんな事はありません。ではどんなケースで収入証明書は必要となるのか、といいますと、消費者金融のカードローンの場合には実は法律で提出が義務づけられているのです。貸金業法の総量規制では、自社からの50万円を超える貸付けを行うとき、また複数の貸金業者からの貸付け合計が100万円を超えるときには収入を明らかにする書面の提出が必要、とされています。

 

つまり、1社から50万円を超えない額で、また複数社借りた合計が100万円に満たなければ、収入証明書は原則として提出せずに借りられる、ということです。もちろん、それ以下であっても貸金業者側が必要と判断した場合には書類の提出を求められるケースはあるのですが、そうでなければ収入証明書がなくてもお金を借りることができます。

 

しかし50万円を超える借入れをする予定や、複数社併せて100万円超えてしまうような借入れをする予定がある場合、収入証明書がすぐに用意できない、あるいは面倒というのであれば、銀行カードローンを利用するという手もあります。銀行カードローンなら収入証明書がいらないというわけではないのですが、銀行カードローンの場合には総量規制の影響は受けませんのでこの50万円100万円で提出うんぬんといったルールにはしばられません。

 

ただし、銀行カードローンの場合には100万円以下なら収入証明書の提出は不要、200万円以下なら、など各カードローンごとに収入証明書が必要となる金額の設定がされています。消費者金融のハードルよりも高めな設定となっているので、もしすぐに用意できない、でも早く借りたいというのであればこちらを検討するというのも一つの手です。